メニュー

メディア実績

NHK 『おはよう日本』に院長が出演しました。~体質改善で『冷え症』撃退~

この度、当クリニック院長がNHK『おはよう日本』に出演しました。

放送:2020年1月18日(土)NHK 『おはよう日本』
URL :https://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20200118c.html

 

YAHOO!ニュースに院長の監修記事が掲載されました。

YAHOO!ニュース【医師に聞く】女性に多い病気「下肢静脈瘤」ってどんな症状がでるの?について院長の監修記事が掲載されました。

 記事URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00010000-medicald-hlth

 

テレビ朝日 『大下容子ワイド!スクランブル』で急性心臓死について監修しました。

テレビ朝日 大下容子さんの『ワイド!スクランブル』の中で、急性心臓病について院長が解説しております。

急性心臓死とは、健康だと考えられていた人が突然に、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患や重篤な不整脈(いわゆる致死的不整脈)を起こすことで、発症後24時間以内に死亡することをいいます。日本においては、急性心臓死によって年間約6〜8万人が亡くなっています。

原因として、ベースに虚血性心疾患や弁膜症、不整脈、高血圧などの心臓疾患があり、それが急に悪化して起こることが多いです。

急に寒気に曝(さら)されたり、感情の高ぶりなどでストレスが加わって起こることもあります。

急性心臓死は高齢者の方が頻度は高いですが、不整脈が原因になるような急性心臓死では10代、20代でも起こることがあります。

本当に突然に起き、突然倒れて意識消失(失神)し、反応が無い状態となります。時として甲高い鼾(いびき)や悲鳴のようなうめきを発したり、口から白色、時にはピンク調の泡(あわ)を出すこともあります。

短時間での心肺停止の場合、実際に家族や知人がそばにいて直ちに救急搬送しても、ほとんどの例で蘇生する可能性は低く、助けることは極めて困難です。

予防としては、

  • 心電図を含めた定期健康診断は必ず受診すること。

  • 年に数回は血圧測定をすること(特に30歳以上の人)。

  • 減塩

  • 禁煙

  • 肥満にならない。

  • 何か症状が出たらすぐに医療機関に受診する。

  • ストレスをさける(特に競争心が強い努力家、性急、短気な人)

  • スポーツなどの趣味を適度に生活の中に取り入れ、睡眠を十分に取る。

虚血性心疾患の三大危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症(総コレステロールや中性脂肪の高値)です。

喫煙、肥満、偏った食事、運動不足、ストレスなど、生活習慣の改善が必要となります。

当院でも心臓専門医が毎週水曜日に診療しております。ご心配な方は一度ご受診ください。

 

 

第24回 近畿Venous Forumにて院長が下肢静脈瘤の講演に招聘されました。

開催日時:令和元年11月16日(土)14:00~18:00

開催場所:住友病院 14階 大講堂

 

 

 

 大阪にて開催されました『第24回 近畿Venous Forum 』特別セミナーにて当クリニックの院長が下肢静脈瘤治療の特別講演に招聘されました。

 近畿圏から広く参加頂いた約70名弱の下肢静脈瘤を専門に診ている医師を対象に、下肢静脈瘤診療における漢方治療の有用性につきまして講演させていただきました。講演後は多くの先生方から質問をいただき、先生方の関心の高さを実感いたしました。講演の内容が患者様の満足度向上のために、少しでもお役立て頂けたら幸いです。

 

テレビ東京 ソレダメ!に院長が出演しました。~高コレステロール血症と動脈硬化~

この度、当クリニック院長が テレビ東京 ソレダメ!に出演しました。

心筋梗塞・脳卒中を引き起こす! 高コレステロール血症

高コレステロール血症は血中のコレステロール値が上昇し、血管を傷つけ、最終的に脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こします。

女性は50歳を超えると2倍以上コレステロール値が上昇し、成人女性の5人に1人が高コレステロール血症と言われています。そもそもコレステロールには善玉と悪玉があります。コレステロールは細胞膜の修復を行うなど必要不可欠ですが、血管内に溜まり血流を悪化させるのが悪玉です。番組内では高コレステロール血症の診断やコレステロールを下げる作用のある食品について当クリニック院長が解説させていただきました。

 高コレステロール血症チェック はアキレス腱の幅を測る!

高コレステロール血症のセルフチェック方法を当クリニック院長監修のもと、スタジオで計測を行いました。アキレス腱の幅が1.5センチ以上ある方は高コレステロール血症の疑いがあります。常に全身の体重がかかるアキレス腱には組織の修復を行うためコレステロールが活発に移動します。悪玉コレステロールが溜まるとアキレス腱が太くなり、1.5センチ以上だと悪玉コレステロールが溜まり過ぎの可能性があり注意が必要です。

放送:2019年8月21日(水)テレビ東京  18:55~22:00

YouTube : https://www.youtube.com/watch?v=FP84Ewofves

(50分過ぎ~約20分程  院長出演)

 

 

身近でやさしい医療メディアMedical DOCのウェブページに紹介されました。

身近でやさしい医療メディアMedical DOCのウェブページに院長の監修記事が掲載されました。

 

女性に多い病気「下肢静脈瘤」ってどんな症状がでるの!?

下肢静脈瘤の自覚症状は、だるさ、むくみ、足の痛みやしびれ、冷えあるいは炎症による熱さ、朝方や夜間のこむら返り、皮膚のかゆみ、湿疹、色素の沈殿、まれに出血など様々です。自然に治ることはなく、放置しておくと生活の質が下がってしまいます。静脈の逆流さえ解消されれば完治が望めるので、上記の自覚症状に心当たりがありましたら血管外科を受診しましょう。

記事URL: https://medicaldoc.jp/content/201903p0508/ 

 

 下肢静脈瘤の日帰り手術って、どの範囲まで可能なの!? リスクはない?

下肢静脈瘤の治療は、ストリッピング手術とレーザー手術があり、レーザー手術は日帰りが可能です。基本的に「深部静脈」が健全であれば、安全な治療を受けられ完治も望めます。なるべく早めの治療がお勧めなので、心当たりがありましたらまずは受診してみることが大切です。

記事URL:https://medicaldoc.jp/content/201903p0510/

 

雑誌 ウェルネスダイレクトブック(2018.冬号)に掲載されました。

雑誌 ウェルネスダイレクトブック(2018.冬号)に当クリニック院長が監修した、「冬に負けない体を作る ぽかぽか温活習慣」が掲載されました。

冬になると気になってくるのが、手足などの「冷え」です。当院では冷え症外来を設けており、日本全国から多くの人が来院されます。冷えからくる不調を解消する温活習慣をご紹介しております。

内容はこちら

 

 

 

 

雑誌 マリソル(2018.11月号)に掲載されました。

雑誌 マリソル(2018.11月号)に当クリニック院長が監修した、「宣言!むくみ体質にさようなら」が掲載されました。

脚がパンパンに張って歩くのがきつくなったり、指がむくんでリングが抜けにくくなったり。アラフォーになって、こんな「むくみ」の症状が増えてきたという人が多数います。そんなむくみを防ぐための生活習慣の改善方法をご紹介しております。

内容はこちら

 

 

 

医学書 『あなたの外来で始める下肢静脈瘤治療』(克誠堂出版)が発刊されました。

『あなたの外来で始める下肢静脈瘤治療』(克誠堂出版)が発刊されました。一部は当クリニック院長が執筆しております。

下肢静脈瘤の外来での管理から、保存的治療、困難症例まで、下肢静脈瘤治療について解説された著書です。医師向けに作られたものですので、書店等で患者さんにお目に触れることはなかなかないと思いますが、当クリニックで行っている最新かつ最良の医療について執筆させていただきました。クリニック待合に置いてありますので、もしよろしければお手に取ってご覧ください。

 

 

 

医学雑誌 漢方と最新治療(Vol.27.No.3 2018.8月号)に論文が掲載されました。

医学雑誌  漢方と最新治療(2018.8月号)に当クリニック院長が執筆した論文、「冷え症に対する八味丸の治療効果」が掲載されました。

冷え症で悩む患者さんは多いですが、西洋薬には明確な治療法がないため、臨床の現場では症状に合わせて漢方薬が処方される場合が多いです。

本検討では四肢抹消の冷えを訴えた患者さんに八味丸という漢方薬を投与し、皮膚温と自覚症状について評価を行ったところ、四肢皮膚温と自覚症状の程度(冷え、痺れ、浮腫)で有意な改善が認められました。

内容はこちら

 

 

ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~『クーラー病って何?ネバネバパワー新常識!夏バテ防止SP』に院長が出演しました。

この度、当クリニック院長が テレビ東京 ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~『クーラー病って何?ネバネバパワー新常識!夏バテ防止SP』に出演致しました。

クーラー病が慢性化すると深刻な病気の原因になることがあります。

また、体を温めるはずの温かい飲み物の中にも、実は体を冷やすものがあります。

それは意外なことに「コーヒー」です。「コーヒー」はカフェインの利尿作用で結果として体を冷やすことになるのです。

ではクーラー病予防に適した飲み物は・・・?

放送:2018年7月4日(水)テレビ東京  18:55~21:00

 ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~

 

正解は「紅茶」です。茶葉を発酵させていて、テアフラビンが血流をよくし、体を温める効果が期待できます。

クーラー病予防法の新常識を当クリニック院長が紹介しております。

 

日本東洋医学会学術総会にて最優秀会頭賞を受賞

2018年6月8日(金)~10日(日)大阪で開催されました第69回日本東洋医学会学術総会にて当クリニック院長が発表した内容「下肢静脈瘤に伴うこむら返りに芍薬甘草湯はどのくらい効くのか?」が優秀演題プログラムに選出され、300余演題の中から最優秀会頭賞を受賞致しました。

 

 

 

 

 

 

雑誌 ターザン(2018.2月号)に掲載されました。

雑誌 ターザン(2018.2月号)に当クリニック院長が監修した、「相談しづらいうっ血症状、むくみ&イボ痔の攻略法」が掲載されました。

全身に血が巡る以上、どんな部位にもうっ血の危険性は潜んでおります。

是非、ご覧下さい。

内容はこちら

 

 

 

エステー株式会社「くらしにプラス」を監修致しました。

エステーのホームページ内、「くらしにプラス」の『ココが知りたい!身近な疑問』を当院、院長が監修致しました。
「冷えと寝つき」について、日々の生活での「冷え」対策について掲載されております。
是非、ご覧下さい。
内容はこちら

 

雑誌 パンプキン(2018.2月号)に掲載されました。

 

雑誌 パンプキン(2018.2月号)の巻頭特集に当クリニック院長が監修した「冷えに負けないからだをつくる 温活習慣」が掲載されました。
「冷え症」についての説明や、タイプ別の対処法についても掲載されております。
是非、ご覧下さい。
内容はこちら

 

日テレNEWS24『冷え性を改善する4つの方法』に院長が出演しました。

この度、当クリニック院長が日テレNEWS24『冷え性を改善する4つの方法』に出演致しました。
これから冬を迎えますが、冷え対策は万全でしょうか。
冷え症にはいろいろなタイプがありますが、末梢血管の血流が悪いことも一因です。
冷え症には重大な疾患が潜んでいることもありますので、一度、ご自分の血流を調べるのもよいでしょう。

放送日:2017年11月21日(火)日テレNEWS24 15:03~
日テレNEWS24『冷え性を改善する4つの方法』

 

BSジャパン 『 教えて!ドクター家族の健康 』に院長が出演致します。

この度、当クリニック院長がBSジャパン「教えて!ドクター家族の健康」に出演致します。

司会進行は元フジテレビアナウンサーで現在フリーアナウンサーとしてご活躍されている、木佐彩子さんです。

今回は「身近に起きる・エコノミークラス症候群  静脈血栓塞栓症」についてわかりやすく解説させていただきました。

2017年8月19日(土)BSジャパン(BSデジタル7ch)20時54分~21時00分の放送予定です。よしければご覧になって下さい。

 教えて!ドクター出演案内_07_002

雑誌 婦人公論(7/11号)に掲載されました。

 雑誌 婦人公論(7/11 号) の「心とからだの養生学」に『脚のむくみ』について、当クリニック院長が監修した記事が掲載されました。脚のむくみの原因の一つとして「下肢静脈瘤」についても掲載されております。是非、ご覧ください。

内容はこちら

公益財団法人健康・体力作り事業財団 月刊「健康づくり」に掲載されました。

公益財団法人健康・体力作り事業財団 月刊「健康づくり」の「健康づくりQ&A」に「足のむくみの原因と対策について」が掲載されました。

 内容はこちら

TBSテレビ『ジョブチューン 医師スペシャル』に院長が出演しました。 

この度、当クリニック院長が職業情報バラエティ「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!~」に出演致しました。

番組MCはあの人気お笑い芸人グループである、ネプチューンさんがMCをしております。

今回の出演内容は「医者✖食スペシャル!」という内容で出演致しました。大好評を得た企画の第11弾だそうです。

ご専門事に全てのプロフェッショナルなドクターが「この病気には〇〇が効く」など各疾患別に食べる事を勧める食材など紹介しております。

放送日は2017年6月3日(土)19:00~20:54予定です。 

雑誌an・anの特集記事「冷え対策」の総合監修しました。 

手足が冷たい、体調も悪い…冷え症には厳しい季節まっただ中ですが、この度、当院院長が雑誌an・anの特集記事、『冬の温活。2017年、最新の...
続きはこちら

テレビ朝日『スーパーJチャンネル』の取材を受けました。 [2016.11.25更新]

テレビ朝日の夕方のニュース『スーパーJチャンネル』の冷え性特集 ~危ない自己診断 本当は怖い「冷え」~ にて当院が取材を受けました。 当クリ...
続きはこちら

J-WAVE『TOKYO MORNING RADIO』に、当クリニック院長が出演しました。 [2016.11.25更新]

11月23日(水)6:30より、FMラジオのJ-WAVE『TOKYO MORNING RADIO』(パーソナリティー:別所哲也さん)に、当ク...
続きはこちら 

JTBの雑誌「ノジュール9月号」に院長のコラムが掲載されました。 [2016.09.23更新]

朝夕は秋の風が心地よい季節となってまいりました。今回のコラムのテーマは「動脈硬化」です。 生活習慣病の最大の原因である動脈硬化の予防が長寿の...
続きはこちら

下肢静脈瘤について雑誌女性セブンの取材を受けました。 [2016.09.05更新]

8月も終わりましたが、まだまだ暑い日が続いております。 この度、週刊誌「女性セブン」の下肢静脈瘤特集「脚のボコボコは病気!でした」で取材を受...
続きはこちら

雑誌女性セブンの「むくみ対策」を監修しました。 [2016.07.17更新]

関東地方はまだ梅雨明けせず、曇天が続いております。 さて、夏はむくみが気になる季節です。この度、週刊誌「女性セブン」の「夏のむくみ対策」で...
続きはこちら

読売新聞on-line版の取材を受けました。 [2016.06.09更新]

いよいよ横浜も梅雨入りしました。日中は汗ばむくらいに蒸し暑い日もあります。冷え性の方にとっては、やっと寒い季節から解放され、「冷え」も和らぎ...
続きはこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME